スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014年5月18日(日)だいす堂定例会個人的レポート

だいす堂定例会お疲れさまでした。
今回大失態をやらかしたのでその反省も踏まえて。

ギーガー追悼……というわけではありませんが、クトゥルフホラーショウ掲載のエイリアンシナリオをやろうと思っていました。しかし資料の用意や読み込み、テストプレイも出来ていなかったのでGM業はお休みし、久しぶりにPLのつもりで参加しようと決めました。
しかし前回のだいす堂は大勢の参加者のため、各卓の受け入れ人数よりオーバーするという状態になっていた事を鑑みるに、一応GMの用意するに越した事はないだろうと思い立ちます。

さて、GMの用意といってもどのシナリオを用意するかが問題ですが、最近多く回していた自作シナリオ「声なき呼び声」というものはPL経験者も増えてきたので、卓は立ちにくいだろうからお休みとなりました。
で、最近やってない「腐肉喰らいの部屋」と「父と子と悪霊」という短めの二本セットのシナリオを持って行くことに。このシナリオは過去に三回くらい回しましたが、せっかくの自作シナリオをそれだけでお蔵入りさせるのももったいなかろうという欲が働いた結果です。

そしてこの欲が大失態を招く結果になる事を、予測し得るものは生者の内に存在しなかった(ナレーション:屋良有作)。

前日にシナリオ一式を読み返し、当日すぐ取り出せるよう『いつも入れている場所から別のクリアファイルに入れて』伊勢崎に向かいました。

10時15分位の時点で多くの参加者が集まってきましたが、その時点ではGM立候補が少なかったので、立てて置いた方が無難かなと思って立候補させて頂きました。
『クリアファイルからシナリオイメージの紙を取り出し、』いつものようにホワイトボードに貼りました。
そして無事立卓。
PLは全員初対面の方々。
PC作成を進める途中、今回のシナリオにおける推奨取得技能を説明するためシナリオの入ったクリアファイルを取り出そうとバッグの中を探すのですが、ない。

ない。
シナリオがない。
そんなバカな。
シナリオイメージを出したのだからシナリオ本体もあるはずだ。
なんでないんだ。
シナリオイメージを別にして持ってきてしまったのだろうか。
うわあああ。

アドリブで同シナリオを回すなど到底できないのでPL達に謝罪し、「声なき呼び声」をプレイする事に。
不幸中の幸いだったのはPL全員が初対面だったため自作シナリオが未経験だった点でした。
セッション自体は問題なく終了。

しかしGM紹介の時に説明したものとは全く違うものをプレイさせるというのは詐欺も同然なので閉会式のプレイレポートの際にも参加者全員に謝罪しました。今後このような事がないように、重々気をつけます。

あと閉会式のイベント告知の時間に、『栃木ねんど会』の告知をさせて頂きました。
TRPGでもボードゲームでもない会の告知をさせて頂くのは些か恐縮でしたが、一応主催のふじやんさんから「いいんじゃないですか?」の許可をもらったので良し。告知する人達の列に並んだ時、N里さんとあーくさんの「なんでお前がいるの?」という顔が面白かったです。

カンペを用意する事を忘れていた…というか、告知する事自体閉会式が始まってから思い出したのでうまく話せるか不安でしたが、開催の日にちと会場についてはくらさんのブロックアウトと被っていたのでその辺の説明は楽でした。
人前に立つというのはちょっと前ならとても緊張した事でしたが、最近慣れて来たように感じます。

とは言っても、慣れない人と話すと、心の中では緊張してなくても体が反応しているようで、背中に汗をダラダラかくのは一向に治らないのですが。

さて、閉会式も終わり後片付けも終わってそろそろ打ち上げに向かおうかという頃になって、たぬさん(だったと思う。直後の衝撃で記憶が曖昧)が「これくぜさんのじゃないですか?」と差し出しのが見覚えのあるクリアファイル。中には今日やるつもりで持って来たシナリオが入っていました。



これ が
今 ここに あるの か

膝から崩れ落ちました。
(あー。あー。あー。)と項垂れた5秒後、ヴィーマックさんが一言

「くぜさん、SANチェックどうぞ」

うげえええ。

その場にいた一同拍手。
なんのエンディングだ。なにゲリオンなんだ。

シナリオは何故かだいす堂スタッフのポーチの下にあったという事です。おそらく開会式前に私が机の上にシナリオを放置してしまい、近くに置いてあったポーチと同じ人の物だろうと思った誰かがまとめてしまったのだと思います。
どちらにせよ自分の持ち物管理を怠った私が完全に悪いのですが。

ともかく、次に定例会なりコンベなりに参加出来る機会にはホラーショウ掲載のエイリアンシナリオ「アルデバラン 地球沖65光年sos!」を持って行きたいです。
スポンサーサイト
[ 2014/05/19 20:00 ] TRPG | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kuzunouraha.blog117.fc2.com/tb.php/256-a3e959d1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%comment_day