スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シグルイと土井利勝と正定寺2

前回の続きです。

syoujouji_015.jpg
シグルイの土井利勝には髭がありましたが、この像にはありません。
利勝の髭についてはちょっとしたエピソードがあります。

利勝が徳川家康の御落胤、という説は広く流布されていたようで、
この説は江戸幕府の公式記録である徳川実紀(とくがわじっき)にも紹介されているそうです。
といっても徳川実紀は利勝生前に書かれたものではなく、江戸後期に編纂されたものなので、
事の真偽を問うというよりあくまでこの説の紹介するというだけのものだと思います。

本題の髭の話ですがこれは江戸中期に記された落穂集によれば、
「利勝は家康の御落胤であり、壮年に入り、その容貌はますます家康に似てきたので人々の噂になった。
噂になっていることを聞いた利勝は、家康に似ていると言われないように髭を剃り落として登城した。
髭のない利勝を見て人々は驚いた。
今でこそ髭のないのは普通であるが、
当時は髭を剃る事はとてもめずらしい事だったので、人々が驚いたのも当然である。
『理由はわからないまでも、高名な利勝殿が髭を落としたのなら、私も落とした方が良いのだろう』
と真似をする人が続出し、これが広まり、今では髭を落とす風習が一般となったのである。」

利勝の影響力の強さがよくわかるエピソードです。

syoujouji_016.jpg
さて、利勝像の横には碑文があります。

syoujouji_017.jpg
中央の石がごっそり剥げ落ちておるのが気になりますが。

syoujouji_018.jpg
碑文の横にある立て札です。
碑文の内容なんていつもは全く気にしませんが、これには驚きました。

syoujouji_019.jpg

syoujouji_020.jpg
なんだってー。

syoujouji_021.jpg
写真中央。確かに『徳川家康公之子也』とあります。
落穂集もそうですが、こうも堂々と言い切って良いんですかね。

syoujouji_022.jpg
その横のお堂。

syoujouji_023.jpg
中には白蛇の置物があります。
シグルイで忠長が久能山の家康廟に詣でた際に現れた蛇を思い起こしました。

syoujouji_024.jpg

syoujouji_025.jpg
白蛇の置物には紋が描かれた生地があります。
左は徳川家の家紋ですが、右はなんでしょうか。
土井家の家紋ではありませんが。

syoujouji_026.jpg
さて、そこから少し離れてタヌキの置物が。
家康に似たモノとしての暗喩でしょうか。

syoujouji_027.jpg
こちらは念仏塚。後ろにあるのは高台の鐘楼。

syoujouji_028.jpg
『奉納 二代土井利(?) 念佛塚 正保二年(一六四五)』
とあります。
第2代藩主、土井利隆がたてたものでしょう。
ちなみに1645年は利勝が亡くなった翌年です。
土井利隆は1646年に父の冥福のためにこの正定寺に鐘を寄進しています。
この鐘は戦前まで時刻を知らせたり、非常時の早鐘に使われたりで地元民に慕われたそうですが
第二次世界大戦の折に徴集されてなくなってしまったそうです。

syoujouji_029.jpg
今あるこの鐘はその後置かれた物ということですね。

ところでこの利隆は父に似ず暗君だったそうで、
反発の強まった一族により実権を奪われ、隠居するハメになったそうな。

syoujouji_030.jpg
鐘楼から見降ろした正定寺。

syoujouji_031.jpg
法然さんと土井利勝。

syoujouji_032.jpg
鐘楼から下りるとちょっと気持ち悪いカエルの置物がありました。
ホラーな目をしてやがる。

というわけで正定寺レポートでした。
スポンサーサイト
[ 2010/10/25 22:25 ] シグルイ | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kuzunouraha.blog117.fc2.com/tb.php/174-11e275c0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%comment_day